30代になって太った!おっさんはなぜ加齢でデブる?

30代を迎えて、何年か過ぎたころ、嫁が一言…

 

『すっげぇデブになったね』

 

昔はちょっと太っても、運動すればすぐ痩せた。

 

なのに今はどうだ。

ウエストがパンパンではないか。

 

なぜ、30代になると、いや、歳をとると太るんだ?

中年太りというヤツか?

 

その理由を調べた。

ポイント1:運動不足

30代は何かとライフスタイルに変化が起こる時期。

仕事もプライベートも多忙になることが多く、運動をする時間が少なくなると、慢性的な運動不足に繋がる。

 

例として、仕事での進展やキャリアアップ等であわただしい毎日が続いたり、また、結婚やちびっこが産まれるといった境遇の変化で、トレーニングする機会が大幅減少し、体重が増えたという人も多のではないだろうか?

ポイント2:基礎代謝の低下

「痩せやすく、デブになりにくい体」であるためには基礎代謝が高い必要があるが、この基礎代謝量は男性の皆様は18歳、女性の皆様は15歳ぐらいをピークに、その後は年齢を重ねれば重ねるほどどんどんダウンしていく

同時に筋肉量も減っていくため、例え毎日規則的なライフサイクルを保っていても、30代を越えると太りやすくなるのは致し方ない。

18歳の頃と比べると、30歳を超える頃には平均4kg前後はデブるとされている。

特に在学中に運動部に所属していた人ほど気を付ける必要があるそうだ。

当時はどんぶり飯をいくら食べていたとしても、若さゆえの基礎代謝量と運動消耗カロリーで脂肪にならずに済んだかもしれない。

しかし、今でも食事量は当時のままで、活動量は激減……となれば、摂り入れカロリーオーバーで太ってしまうのは当然だ。

ポイント3:オシャレに無頓着

男性は、30を超えた頃からおしゃれに無頓着になってしまう人が多いだろう。スーツと部屋着しか着ず、トレンド系洋服をリニューアルすることも機会も減少する。

すると、鏡で頭からつま先までを確かめること少なくなるので、身体のラインがくずれていても気づかないのだ。

 

もし、体重が変化していないケースでも油断は大敵!腹部周りだけ太るなど、筋肉量が減って体型がイカれている場合も多いので、気を付ける必要があるだろう。

ポイント4:コンビニスイーツ・おやつなどの悪習慣

甘味好きな男性は多いようですが、評判のスイーツショップで買うのは恥ずかしいし高い……という理由から、お手軽なコンビニスイーツを買う男性が急増している。

休憩タイムや会社帰りにコンビニに寄るのが癖となり、つい無駄に食べてしまうという人もいらっしゃるのではないだろうか。

また、スイーツが嫌いな男性も同様に、スナック菓子やお酒、缶コーヒー等が日々の習慣になってしまうと、同じ様に中年太りが引き起こされる。

ポイント5:情報不足

女性は、シェイプアップや健康・美容に関する流行にセンシティブな人が多く、常に情報をアップテートして自分なりに取り込んでは実践する割合が高い。

一方で男性の場合は、こういった情報への感受性は一般的に低く、未だに「ダイエットはとにかく食べるのを耐えるもの」「食事制限さえすればOK」「油は悪者」等の古い情報を信じ続けている人が多い傾向にある。

その為、スリムアップをするにしても、ムダなエネルギーやストレスが生じてしまい、やり続けることができずにリバウンド太りしてしまう……という負のスパイラルに陥る男性も、多く見られるのだろう。

 

以上だそうだ。

要するに、歳のせいってことだ(←反省していない)

スーツのおじさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です