ジムで重量挙げ

ジムに通うなら服装は…?→筋肉こそ全てだった

ダイエット、筋トレ、エクササイズつったら、思い浮かぶのはジム通い(まだ通ってはいない)

さて、そうなると「ジムってどんな服装で行ったらいいんだ?」「っていうか、どんな素材で?」っていうところが気になる。

ツルツル系?

汗吸う系?

 

慣れない事は分からないことばかりだ。グーグル先生に聞いてみよう。

服によってはモチベーションも変わってくるというものだ。

素材の選び方

特訓の時にウェアは見た目にも、もちろんこだわりたいが、本来の目的は体を鍛えるトレーニングだから、まずはトレーニングがしやすいウェアを選びたい。

 

トレーニングウェアは、各ブランドが最先テクノロジーを使用し、新しい材質を入れ替わり立ち代わり開発し、トレーニングがしやすいよう刻々と進化している。

トレーニングがしやすいトレーニング衣料に挙げられるのは、「伸縮性」と「速乾性」、さらに「気持ちの良い着用感」という3つのワード。

 

トレーニングウェアがダボダボでは練習の時、動き難いし、逆にピチピチすぎると、激しいエクササイズによって破れてしまうことが想定される。

体に適したウェアであると同時に、体を動かした時、ギューギューにならないよう伸び縮みする原料を使ったウェアを選ぶようにしたい。

 

且つ、運動すると汗をかくから、吸った汗がすぐに乾くような速乾性の良さもポイント。

汗を含んだウェアを着たままにしておくことによって、ウェアが重くなり、動きづらくなってしまう。

さらに、汗が乾かず、ベッタリしたままだと、体温コントロールも上手くいかず、体が冷えてしまう。

中には、トレーニングウェアとして、綿100%のTシャツを着る人がいるようだが、綿100%だと、汗で水が付くと肌にまとわりつき、とても不快らしい。

汗吸う系はダメってことだ。でも、吸わない系もナンセンスだ。

 

また、汗を含んだTシャツでトレーニングマシーンに触れ、汗をまき散らしてしまうと、周りの人も快適ではないだろう。

トレーニングウェアはドライ素材で汗を吸いつつ、すぐに乾くものを選び、自分自身だって周囲の人だって気持ちよく運動できるように気を付けたい。

使いやすさが大切

あとは、トレーニングウェアには、運動をする時の使い易さも考えておきたい。

 

肌と擦れた時に刺激がない。

汗をかいた後、臭わない消臭機能がある。

 

そのような効能があるトレーニングウェアだと、快適に運動を楽しむことができるだろう。

結局、動きやすさ

基本的に、ジムとはエクササイズをしにいくところであって、コーディネートを自慢に行くところではないといえる。

ウェアにこだわるのも肝要だが、そのお高級そうなウェアを着ているボディがだらしなかったら無駄になる。

特に男の人の場合、ジムの中に於いては「筋肉こそ独自のおしゃれである」という事を忘れることがないようにしよう。

 

その状況の下で、ジムでの服装だが、実際のところをいってしまえば「動きやすければ何でも良い」のだ。

 

体育の教科で使ったジャージでもいいのかなとも思う。

ジムウェアは動きやすさが一番!

実用性を追求したTシャツ&短パンコーディネートが最もセオリー。

しかも、Tシャツ短パンは無地のものを選べば、さらに無難。

 

悪目立ちすることもなく、黙ってトレーニングに入れ込むストイックなタイプにもちょうどいいのではないだろうか。

 

まぁ、まだ行ってもいないが(妄想)