そんな歩き方じゃダメだ|ウォーキングの歩き方と時間帯

先日、こんな記事を投稿した。

社会人にはウォーキングは続かない理由

なので、歩く気はそんなにないのだが。

 

それでも、ウォーキングによって効果を得る方法を早朝から調べている(この時間で歩けよ)

 

ウォーキングもただ歩けば良いってものじゃない。

正しく歩くことで、よりダイエット効果を高めていこう。

歩き方

より能率的に酸素を体の中に取り込み、脂肪を減少するには「歩き方」が極めて大切。

正当なウォーキング痩身の手順については、以下のようになっている。

1.背筋を広げ、胸を少し張って、目線は心持ち前の方を見る。前傾や目線が足元を見ていては、せっかくのウォーキングダイエットも効き目がないだろう。

2.着地はかかとから行い、歩み出す際は親指に注力して地面を蹴る。

3.足取りを習得したら、ラストに歩くペース。

風景を見ながら、友人と話に花を咲かせて歩くのでは散歩になってしまう。

ウォーキングダイエットにおける正しいスピードは「スピードウォーキング」。お友達と同行してウォーキングダイエットをする場合、話しながらちょっと息が上がるぐらいがよい。

距離と時間

ウォーキングダイエットによって、脂肪燃焼効き目があるのが、アクション開始から約20分後と聞いてる。

この理由により、ウォーキングダイエットにトライする場合は、「20分以上歩く」というのが参考となるようだ。

とは言えども、急にスタートから40分も50分も歩いたら疲れるのは明らか、スタートした時は20分を目標に歩き始め、少しずつ時間を拡大していくのがよい。

 

また、ウォーキングダイエットをするにあたっては、最もよいタイムゾーンと考えられているのが

朝の太陽を満喫しながら歩くことで、体の中のメリハリが整い健康管理がしやすくなり、新陳代謝を高めることで昼の活動時に脂肪燃焼効果が上昇する。

効果が出るまでの期間

このクエスチョンに於いては正しい答えというのはない。

日々の歩く距離数、動き方、慣習、サイクルとひとくくりにウォーキングといっても個人個人で差があるためだ。

そういうわけで、365日同じ距離、同じタイミングにウォーキングをしても効き目が出るまでの日数には違いが発生する。

 

特にここ何年かは「ウォーキングダイエット」と呼称されるダイエット方法が若いレディースを中心として人気を博している。

ウォーキングダイエットは体に負荷を掛けない減量法でもあるため、体力作りが不得手な方でも手軽にスタートできるのが良い所。

しかしながら、ウォーキングダイエットを行ったからといって即座にシェイプアップするわけではない。

ウォーキングは体に負荷を掛けないのが素敵なところだが、その代わり1回で消耗できるカロリーも多くないので、効き目が現れるまでには幾ばくかの時間がかかる。

この脂肪燃焼結果が得られるのも個人差が見られるが、ざっくりした目安としてはスピーディな方で1ヶ月、ノロノロとした方で約2ヶ月~3ヶ月想定される。

また体質や距離のみならず先ほど紹介した「正しいウォーキング」を行っているかどうかも影響を及ぼしている。

正しい歩き方を意識して効率的に痩せよう

いかがだったろうか。

今現在、絶賛ウォーキング中にも関わらず効果を実感出来ていない人は、歩き方や考え方に問題があるかもしれない。

ただダラダラ歩けば効果が出るなんて、虫の良い話、ということだ。

それでも、ウォーキングは無理なく続けられるダイエットの1つなので、ゆっくり、正しく続けていきたい。(始めてないけど)