男が足のむくみを感じたらマジでヤバイぞ

『なんか最近足がむくむなぁ』

『足がだるい…なんか血が通ってないような感覚がする』

むくみといえば女性が抱えがちな悩みをイメージするかもしれないが、事実そういった傾向にある。

ホルモンの関係らしいが、これが男がなるようだと原因が違うようだ。

おっさんの足のむくみは危険なサインかもしれない。

お酒多飲により肝臓や心臓に相当な損傷が!

肝硬変になったら肝臓で作られるアルブミンというたんぱく質ができなくなって、むくみが起こる。

肝硬変の様相はむくみばかりか、黄疸や腹水、アンモニアが血に蓄積されて意識状態がひどくなったり、手が震えたりするため、そういったむくみとは異なる症状があれば診療することはそんなに難しくはないそうだ。

しかしながらひとたび肝硬変になると、元にはもどらないので、薬を飲んでむくみをセーブすることが必要になる。

心臓もお酒によって影響されるが、肝臓と同じ様に止めればもとに戻る。

 

しかしアルコールを飲み続ければ、心臓の筋肉への損傷が快復不可能な状態になり心不全となる。

心不全になると心臓のポンプとしての作用がダウンするので、むくみが起こるということだ。

不整脈も発生するケースがありるので、動悸を知覚する場合があるそうだ。

ちなみに、私は最近動悸が激しい…大丈夫だろうか…

しつこい風邪と考えていたら腎炎のケースも!

腎炎の中においては女性よりも男性に結構多い疾病がる。

腎炎になると腎機能が低下するので、むくみの原因になりうる。

 

男性、特に若い男性のみなさんに多い腎炎が生じる原因は雑菌やウイルスだが、初めは風邪のような症状しか起こらないことがあるので、気をつける必要がある。

腎炎になると尿にたんぱくや血液が見えますが、その他には自覚のある症状がないので、むくみが出るまで腎炎に蝕まれていることを思いつかないケースが多くあるためやっかいだ。

 

だるい、疲労しやすいなどの風邪のような病状が長くなっているときは、大事をとって病院で診察してもらって血液と尿の診断を受けた方が良いだろう。

適合した治療を受けることなくに腎炎をほったらかしにしてしまうと、腎機能が悪化したままになって食事規制や飲水制限を絶えず続行することが求められるし、下手をすると血液透析という血液中の老廃物を肉体の外に出す特別な治療を今後周期的に受け続ける必要が起こることがある。

血液透析を受けるとなるとカラダへの負担は非常に大きく、身体障害者となるし、残念な事に現代の医学で透析から逃れるには腎入れ替えしかないようだ。

まとめ

話をまとめるなら、男のむくみは腎臓、肝臓に異常があるサインでもある、ということだ。

どれも早期発見が肝心。

 

たかがむくみ、と考えず、適切な対処をするようにしよう。