夏になれば痩せる?バカ言ってんじゃねぇぞ

私は何故か夏になると太る。もう毎年のことだ。

私の場合、『ビールの飲みすぎ』で話は終わるのだが、それではあまりに寂しいので、私のように酒を飲まなくても夏に太る理由を調査してみた。

理由1・運動不足

『いやいや!超汗かいてるし!』なんて思っただろうか。

 

実はそれが夏の罠。

浜辺ではどんな女性も美しく見えるのと同じだ。

 

汗を流すとカロリーを消耗していると感じてしまいそうだが、暑さで出る汗は体温調整のためのもの。

水分を毛孔から出し、ボディのうわべを外気で冷やそうとしているだけで、実はこれっぽっちもカロリーを消費していない。

それどころかほんのちょっと動くだけで汗が出てしまうので、留意していないと夏のシーズンは活動量がマイナス傾向に。

しかも、運動が生じない汗は、かけばかくほど太る要因になるそうだ。

体温調節の汗はかけばかくほどデブになりやすくなる、ということ。

 

人のカラダには、発汗と引き替えになくなってしまう栄養成分がある。

それは、脂肪の代謝を助長するビタミンB1・B2・B6とミネラル。

特にビタミンB群は、水に溶けやすく人体にたまりにくい“水溶性ビタミン”と呼ばれ、汗や尿で素早く流れ出てしまう。

そんな訳で、運動の伴わない汗をデタラメにかくほど、糖質・脂質・タンパク質といった栄養成分を、ただの脂肪として抱えこんでしまう体質になる。

理由2・基礎代謝が低下する

この時代我が国の夏は、基礎代謝が落ちやすい環境らしい。

夏の間は常に温度差が少ないため、そもそも代謝活動を上げなくても体温調整が可能な時季。

そこに、活動量のダウンや発汗によるビタミンB不足、オマケに快眠不足とエアコン使用が自律神経の乱れをもたらす。

そんなんで、脂肪を燃やしてくれる基礎代謝ががくんと落っこちてしまう。

夏太りになったヤツのほとんどは「大して食っていないのに肉が付いた」と同じこと言うが、それは栄養の偏りで代謝ダウンに拍車を掛けているから。

食欲不振でも「何か食べなくては」と、キンキンの麺類やパン類ばかり食っていると、いくら小食でも炭水化物のオンパレードになるのは明らか、結果的に肉体の代謝サイクルが追いつかなくなってしまう。

 

同じ様に、冷たいジュースやビールのがぶ飲みもダメなのは、言うまでもないだろう。

…って、わかっているけど、やめられないから苦労しているんだが。

まとめ

●汗はかくけど運動していないから

●自律神経が乱れて、代謝が低下する

 

これが夏に太る謎解きの答えだ。

 

まぁ、要するにあれだ。

季節が過ぎるのをただ粛々と待てば良いのだ(←えぇ)

もう夏も終わる。めでたしめでたし。