ダイエット器具を捨てるなら売った方がいいよねっていう話

世の中にはいろんなダイエット器具がある。

シックスパッドやら、乗るとぶるぶるするやつやら、なんかグリグリするやつ、エアロバイクなどなど…

通販で意気揚々と購入したは良いものの、『飽きた』とか『効果ねぇじゃん』といって、捨てたくなることもあるだろう。

しかしそんな時、『エアロバイクってどこで捨てたらいいんだよ』と悩む事もあるだろう。

そんなあなたに一言届けたい。

 

売れよ

使わないダイエット器具は売ろう!

今でも利用できる状況下なら、捨てるより買取に出す手口を考えた方が有益だろう。

買取のウリをまとめてみた。

普通に捨てる場合

ダイエット器具を破棄する場合、買取以外に廃棄やネットオークションで売るやり方がある。

捨てる場合は、地方自治体の不要物回収に依頼するのが普通だ。

エアロバイクのようなでかい器具だと、粗大ゴミとして出すこととなる。

粗大ゴミの決め事は地方自治体によって違うが、原則的には前もって連絡して回収日時を確かめ、郵便局やコンビニで予約チケットを買う必要が生じる。

回収スポットまでは個々人で持ち運ぶことになるため、それ相応の労力と手間がいる。

そして、自治体によっては回収料金が加算される。

 

ネットオークションを通じて売る方法もあるが、詳しくない人は取り交わしがテキパキといかず、トラブルが発生するケースもしばしばある事。当然、発送するのには費用も必要。

でも、買い取りなら

その点、買取を取り入れれば、条件の良い日時に自宅まで回収に来てもらえるため、手間はほとんど要らない。

金を払うどころかゲットすることが出来るのだ。健康器具を捨てさる方法としては、最も気軽でお得であるというのがメリットだろう。

なんでも買ってくれるわけじゃないぞ

いかなるダイエット器具でも必ず買い取りしてもらえる訳じゃない。

買取を託す先やダイエット器具の状態によっては、買取不可になるケースもある。

例えば、正常に動かなくなっていて動作しないものやペッコペコに傷がついているものなどは、買取してくれない可能性が高い。

しかも、購入から何年も経過した古いものは、中古市場でのニーズが低いため、買取してもらえないことだってあるだろう。

 

「古いものや故障しているものでも買取してもらえるのか?」と不安になるケースもあるだろう。

そういったダイエット器具の場合、「買取」ではなく「回収」という形態で引き請けてくれる業者もあるそうだ。

金をもらうことはできないが、確実に不要なダイエット器具をかなぐり捨てることは可能だ。

「処分に急いでいる」「個人個人で持ち運ぶのがハードルが高すぎる」というときは、地方自治体のゴミ回収に出すよりササッと捨てさることを可能にするのではないだろうか。

結論|メリットしかねぇ

聡明な読者諸君はお気づきだろうが、自分で自治体に捨てる事を検討するより、何をどう考えてもリサイクルショップに持ち込む方が良いのは火を見るよりも明らかだ。

金がもらえるorちょっと金払って引き取って貰うなのだから、自身で捨てる事に比べたら損する点がない。

 

使わないダイエット器具があるなら、捨てずに俺によこせばいい(は?)