絶対に失敗しない痩せ身エステの選び方|ダイエット楽勝

痩せ身エステに通ってみたいと思っても、初めてではどこにした良いのか分からないし、緊張するだろう。

『いくらくらいかかるんだろう』

『どんな感じなんだろう』

そんなあたなに向けて、痩せ身エステの選び方をご紹介する。

評価・評判

痩身エステを利用する時は口コミや評判を参考にしよう。

他人の生の意見ほど参考になるものはない。

 

但し、ウェブサイトなどの風評は、テキトーなものもあるので、可能であれば周囲や知人などの生の口コミや評判を聞くのがなによりだ。

留意しなければいけないのは、クチコミや世評は、「客観的」に考えを決めなくちゃいけない。

なにもかも妄信して信じ込むのじゃなく、あくまでも参考して聞くのが大切な点になる。

予算の範囲で

痩身エステを選ぶ時は「先立つもの」をベースにしておく必要がある。

 

そういった場合も、融通が利く日々の生活に不自由しない値段であることが肝要。

必要経費を無理したレベルにするとやり続けられずに、「痩せる前にリタイアしてしなう」といったような事になりかねない。

 

大規模店の痩身エステのケースでは、1回当たりの値段は【1万円~3万円程度】が多いようだ。

この金額を、月2回程度通うのがオーソドックスな通い方になる。

安心の大手サロン

全く未知の状態で痩身エステを選ぶ際には「信頼度」のある大手サロンを選ぶのが良いだろう。

痩身エステは、全国レベルの大手エステティックサロンから地元密着の個人サロンなどで推進されている。

しかしながら、効果の確実性、設備、技術の高さなどを想定した時点で、やっぱり安定性があるのは、日本国内に店を構える大手の痩身エステを選ぶのが間違いない。

特に、生まれて初めてのケースでは、大手のサロンからスタートするのがいいだろう。

支払い方法で

痩身エステの決済方法でお店を選ぶことが求められることもあり得る。

 

痩身エステでは、一回のみ、またはプログラムで回数契約するケースがある。一般的に見て、コースの回数契約の方がリーズナブルになる。

そういった事も有り、コースで回数契約を推奨される傾向が強い。

しかし、コースで回数契約した状況下なら、高額な金額となるので、支払い方法について用心しなければならない。

 

コースで回数契約のケースでの支払い方法は、キャッシュ(一括・都度払い)、クレジットカード(一括・都度払い)、ローン(分割)などの方式だ。

ローンを組むためには、専用書類に必要事項を書き込んで信用調査機関による承認が必要不可欠。

人それぞれでローンが組めない場合もある。学生などは注意だろう。 

 

回数券を提供するところもあり、そのような状況では、一番最初にまとまった金額を支払って回数券を買い入れる。

 

数万円から数十万円と、大きな金額になる場合が多いエステサロンでの支払いは、一歩間違ったら金銭トラブルがのしかかってしまう。

トラブルを回避するためにも、決済方法や支払いのタイミングについてはきっちりと前もって調べておくことが大事。

希望の施術内容

あなたの要望しているコースや施術があるのをしっかり見極めるのが肝要。

狙っている施術やパーツなどのコースがその痩身エステで実施されているかを確認しよう。

 

例として、「頑固なセルライトを痩身マシンでキレイにしたい!」と目標とするのに、そのエステサロンでは、ハンドケアマッサージしか実施していないというような時もある。

 

各サロンの施術内容は、インターネットサイトをウォッチしてみればほとんどの場合伺える。

明白になっていないケースでは、電話でリサーチしよう。

キャンペーンで

体験したことのない人を対象とした「初回キャンペーン」を取り入れる選び方もある。

「初回キャンペーン」は各痩身エステではスペシャル価格で取り扱っているので、非常にリーズナブル。

これに伴い、多くの人は「初回キャンペーン」を駆使している。

もし、あなたが要望している施術に近い「初回キャンペーン」が見つかったらチャンレジしてみてもいいだろう。

 

言うまでも無く、何度も行うかは別の話だ。営業はあるがな。

通える場所がなにより

「通い易い立地」のサロンをセレクトしよう。

痩身エステで痩せる為には、一定サイクルで通う方が良い結果になる。

そういう理由から、痩身エステを選ぶ際には、「家に近い」「会社に近い」など顔を出し易い立地であることが重要な点。

また、大手サロンのケースでは、契約を結んだサロンで施術を確実に受けることもなくて、お好みの店舗どこでも予約OKなサロンもある。

家で使えるやつもあるぞ

この記事で紹介しているが、エステに通うのが困難な方、お金がキツい方、緊張する方には自宅で出来る痩せ身マシンもある。

こっちの方が気軽に使えるので、おじさんは今こっちが欲しい。買ってくれ。